メニエール病の対策・解消方法

この病気は、悪性ではないので生命の危機はありませんが、耳鳴りや耳の閉塞感、難聴、めまいなどを何度も繰り返すと、慢性化し、症状を改善しにくくなる可能性があります。しばらく症状がでないからと言って通院を中断してしまうと、症状が悪化してしまうケースがあります。ひどい人では体のバランスがうまくとれなくなったりするケースもあります。そうならないためにも、信頼できる耳鼻科の先生を探し、しっかりと症状改善に取り組む必要性があります。

現在地 : トップページ > 対策方法

薬物療法

病院で処方される薬は大きく分けると、めまいや吐き気を抑える薬、血行をよくする薬、ビタミン剤、利尿剤などです。

また必要に応じて抗不安薬(精神安定剤)を処方されます。

手術

症状の改善が見られず、悪化していく場合は、手術による治療が必要となります。

手術を行う人はメニエール病の人のなかの10%ほどで、のこり90%の人は手術をしなくても回復する可能性が高いといわれています。

しかし、この手術は、めまいに対する手術であり、難聴や耳鳴りの改善はされません。

自分で出来る対策方法

メニエールは症状が治まったからと言って必ずしも治ったというわけではありません。

何度も繰り返し発作を起こす病気です。

人によっては、毎日だったり、月に数回だったり、年に数回だったりとかなり個人差がありますが、忘れた頃に症状が出る人は慢性化している可能性があります。

めまいや吐き気を押さえる薬は症状は改善されるものの、病気の根本的な治療ではありません。

日ごろから、症状を遠ざける対策をしなければいけません。

そのために心がけておきたいことをいくつか挙げてみました。

中でもストレスがいちばんよくないとも言われています。

母の場合も、耳の閉塞感でストレスを感じ、難聴から会話がうまくできずストレスになり、めまいがいつ起きるのだろうという不安感がさらにストレスになり、不安感から睡眠不足になり……と不のスパイラルに陥りがち。

本人を始め、家族や周囲の人も病気のことを理解し、からだを労わってあげることが大事なのです。

自分なりにストレスを発散する方法を見つけ、疲労をためないようにコントロールできるといいですね。